舜 VS 影丸

 ベン・トー5話の部室の場面で映っていたバーチャファイターが玄人同士の対戦っぽくていい感じでした。

 影丸の方が押していたのに、慎重すぎてチャンスを活かせずに負けた辺りは、分かっているスタッフじゃないと表現できないですよ。

 なんか、久々にバーチャがしたくなってきた。やらないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のスペパー

 スペースパニックに寄ってVF5をガッツリプレイ。

 葵は以前と同じように動けましたが、ラウやジェフがやばい位にダメダメになっていました。

 特にパイを使った後でラウを使ったら、端脚が飛び出たのは自分でもビックリです。

 GCBをやりすぎてVF5をおろそかにしたツケが回ったかな?

 なお、さぶちゃん@ベネッサが見違える様にうまくなっていて、舜での同段戦は一進一退の攻防となりましたが、まだ駆け引きに雑なところがあったので、クセを覚えて無理やり勝ち上がりました。

 彼の今後の上達が楽しみですが、それでもフルボッコにするのがスペパーでのお約束ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VF5雑感その2

 各キャラ(葵、ラウ、リオン、パイ、ジェフリー、舜、アイリーン)をある程度やり込んだため、メインで使うキャラはその性質等が分かって来た様な気がします。

《葵》

 新技の64P+KPがかなり強く、2発目まで連続してヒットするので、しっかりと狙って出していけば安定したダメージが与えられます。

 しかし、入力ミスをすると上段当て身(4P+K)が出てしまうので要注意です。

 また、2KPPで拾えるコンボが増えたため、それに繋げられるように攻めていけば今までの様なダメージ不足はないかと感じました。

《ラウ》

 相変わらず66P+Kが使いやすく、上・下Pをつぶせるので、接近戦のアドバンテージが非常に取りやすいです。

 また、上段すかしの4P+KがP系の技につながるようになったため、相手の上段攻撃に合わせるように出せば、手軽に空中コンボが狙えるし、もし読み違えても続けて出したP系の技を打っている間に次の対応を考える余裕があります。

 この他にも6P+K、8K、1Pなどの技も有効で、常に相手に打撃のプレッシャーを与えて行くことができると感じました。

《リオン》

 4P+K+Gは相手から離れるため、使う場所を間違えなければ相手がうかつに手を出しづらい状況を作ることができると感じました。

 PP4Pや4PP等からの派生技は相手が無意識に出したP等で潰れやすいので、積極的には使えないですが、4PP等の後に4PPを置いてPを打つことを躊躇させておけば、多少は使えると感じました。

 しかし、それよりも起き攻めに6P+K+Gから直接その技を出していく方が効果的で、相手の起きあがり後の癖に合わせて打撃か投げを選んで出すと良い感じでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

VF5雑感

 郡山の日和田やN2にVF5が入荷していたので、対戦等をしてきました。

 初めはVF4との感覚の違いで、ダッシュ投げや投げ確のみへの投げとかがうまくできず、そのために攻め手のバリエーションに欠けた状況でした。

しかし、しばらくするとVF5の感覚に慣れていき、思ったとおりの行動は大体できるようになりました。

 そのため、まだどの技がどうだといった話はできませんが、今日の対戦で特に気づいたのは、0フレ投げを狙ったり、オフェンシングムーブを使いこなしていく事が重要だという点でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

VF5発売

 いよいよVF5が発売されたようなので、行徳や津田沼でプレイしてきました。

 硬直やモーション等の様々な細かいところがVF4から変わっていたため、ほとんどの人が手探り状態でした。

 とにかく、技表がないのがつらいところで、対戦では新技を試す余裕があまりないため、かなりガチガチの戦いになったような気がしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

VF5ロケテ

 今日はさいたまはっぱ祭&「SOS団(さいたまで大いにストライクを狙う団)←違」でのボーリングの日な訳ですが、仕事リーダーに0回戦目敗退とかいう謎の結果でした。

 ということで、夜に郡山の方までGCBの遠征をしたところ、セガ日和田店でVF5のロケテをやっていました。

 早速、新キャラ(猿の方)とパイをやってみましたが、コマンド表がなかったため新キャラの技はあまり分からず、パイの方もインストにある一つ以外の新技を確認できませんでした。

 しかし、新キャラの方はリオンっぽい感じだと分かったし、パイの方は既存の技をそのまま使っていける事が分かっただけでも良しとしとこうと思いました。

 また、VFに関する全てのロケテにおいて感じている事なのですが、今回も全体的にもっさりした感じや微妙な違和感がありました。

(なんとなく、VF3に近い感じがしました。)

 しかし、これは多分「それよりも前のVFの動きへの慣れ」があるために感じていることだと思っていますので、いずれは解消することだと思っています。

 なお、VF5がリリースされたらいろいろと忙しくなると思うので、それまでにGCBの方はある程度まで決着を付けておく予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)