« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

オススメの夏アニメ

 はっぱ祭りや誕生会の時に、今期のアニメに関する話で盛り上がりましたので、オススメしたい作品を少しピックアップしてみます。
 例えば「録り貯めした作品を観る順番を決める時」などに、参考にしていただければ幸いです。
 なお、これは個人的な評価ですので一般的な評価や順位(?)とは異なること、ネタバレ回避のため、事前に知っても差し障りない情報しか書いていないことをご了承ください。

《オススメの作品》
1.ココロコネクト
  男子高校生2人と女子高校生3人の人格が、ある理由により頻繁に入れ替わることで巻き起こる騒動などを描いた作品です。
  登場人物が魅力的で、「次はどうなるんだろう?」と思いながら観ることができたので、個人的にはかなりオススメです。
  方向性はギャグではなくシリアス寄りなのですが、絵柄や作風のおかげで、観ている側まで暗い気持ちにならずに済んでいるように感じています。
  そういえば、ごく一部では、この作品を「けいおん第3期」と(冗談で)呼んでいるようですね。
  また、流行語(笑)の「イナバーん」の元ネタはこの作品ですよ。

2.超訳百人一首 うた恋い
  百人一首の歌人達のエピソードや想いなどを、現代人の感覚に置き換えながら紹介している作品です。
  ある程度は史実や逸話などに基づいているので、観るだけで勉強になりますし、歌人や和歌などへの理解を深めるきっかけにもなると思います。
  また、艶やかさや風雅を上手く表現しつつ、気楽に観られるような工夫もされている良作だと思っています。

3.TARI TARI
  テーマは「合唱」「歌」で、誰かと一緒に歌うことを通して人とかかわっていく高校生たちの物語だそうです。
  (オリジナル作品のため情報が少ないことや、先の展開があまり読めないことから、どの様な作品かまだ捉え切れていないところです。)
  方向性はシリアス寄りですが、悲劇や暗い話が主体なのではなく、「いろいろ考えながら頑張っている若者達を描くこと」が中心になっているので、「花咲くいろは」に近いんじゃないかと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大会遠征だぜ~!!

http://www.phanta-tcg.com/event/official-info/120901sendai

 ファンタズマゴリアの仙台公式大会の詳細が発表されました。

 現地に10:00に到着していることが望ましいのですが、新白河に停まる一番早い新幹線が東京6:20発→新白河7:44着なので、かなりギリギリかと思います。

 また、もしですが、東京から出発するとなれば、ふじみ野に5:00集合じゃないと安心できないので、仙台から東京に帰る時だけ車で送ることになるかもしれないですね。

 まあ、いろいろと調整しますが、まずは参加者の有無や希望などを確認したいと思いますので、コメント欄に書き込んで貰えるとありがたいです。(土曜の夜に仙台に泊まって観光や聖地巡りをするという手もあると思います。)

 なお、大阪GPは10月13日~15日の二泊三日で行くつもりなので、同行する人は参加権利と休暇を取っといてねwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

影響が計り知れない発言だな~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120814-00000081-jij-int

↑いきなり、韓国の李大統領がとんでもないことを言い出しましたね。

 「過去に起きたことをより広くより深く知って、見識を少しずつ高めていくこと」は、万人における永遠の課題かと思いますが、今回の李大統領の発言によって、近代史をある程度までは理解しておくことが社会人にとっての急務となったと感じています。

 自分も勉強不足な方ですが、アヘン戦争辺りから始まる帝国主義の影響による東洋各国の変遷などを学んだ上で、様々なことを一人一人が自分の頭で考えていく必要があると思っていますよ。(要は、不勉強かつ無批判に「韓国はけしからん」というだけではダメなんじゃないかな?ってことです。)

 ちなみに、巷では南京事件のことをよく問題視されていますが、シベリア出兵の頃の日本の方がよっぽどマズかったと思うんですよね。

 でも、尼港事件や通州事件、敦化事件、通化事件などのことも考えると、「どちらがどれだけ悪かったか比較すること」は無意味だな~って思います。

 と、いろいろと書きましたが、その上で、あれは愚かで失礼極まりない発言だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巡ったり、風呂ったり

 「TARI TARI」の様なオリジナル作品は先の展開が読めなくて飽きないですね。
 いきなりリフレクティアだったし(謎)

 そんなことはさておき、7月14日~16日の三連休にリーフファイター数名と長野・岐阜方面に旅行に言ってきました。
 目的は「サイドビジネス!」(CV豊崎愛生)ではなく聖地巡礼と温泉巡りでした。

 1日目は蕨駅から出発して軽井沢駅に向かったあと、中軽井沢を散策し、乙女湖、小諸城を回った後で別所温泉まで行きました。
 「あの夏で待ってる」や「おねがいシリーズ」の舞台となったところでしたので、見覚えのある風景を見つける度に写真を撮っていました。
 夜は地酒やワインなどでの酒宴で、歴史のクイズや声優の評価などの話で盛り上がったような気がします。(ナクルVSマサムネの論争は決着付かずww)

 2日目は早朝に真田幸村や木曾義仲ゆかりの温泉に入った後で、サマーウォーズの舞台となった上田城に行きました。
 真田神社の近くにあった抜け道用の井戸は、真田さん(CV:青野武)が「こんなこともあろうかと思って」と言うために作ったんだろうな~

 次に、上田市街を回った後に聖高原や大町経由で木崎湖(「おねがいシリーズ」などの舞台)に行きました。
 木崎湖では自転車を借りて一周しましたが、暑すぎない程よい天気だったので、自然や風景を満喫できました。
 まあ、ママチャリを借りた人達は大変だったようですが…

 その後に松本城に行ったのですが、城内への入場締切5分前だったので、城門近くの入り口まで猛ダッシュしました。
 こんなにガチ走りしたのは久しぶりだよ~
 松本城は6階まであるとのことでしたが、全て見回るとかなり遅くなりそうだったため、途中でZAP(脱出)しました。
 いつの日か60階まで上がってカイを救い出すぞ~!(違)

 さらにその後に旧制松本高校(おねがいシリーズの木崎高校のモデル)に行ったあとで、宿のある白骨温泉まで行きました。
 そこの露天風呂は混浴だったので、「幸せな目に遭った人」がいたとかいないとかwww
 夜は鯉料理中心の食事で、昨日よりは真面目な話題で盛り上がった覚えがあります。

 3日目は10時に宿から追い出されるまでずっとリーフファイトを打ってました。
 次に、近くの露天風呂(泡の湯)で小一時間ぐらい混浴の楽しさを満喫?してから高山に向かいました。
 その途中で飛騨大鍾乳洞に寄り道したのですが、予想を遙かに上回る大きさに驚かされましたよ。

 その後に、高山に着いたあとは「氷菓」のモデルとなった高校や通学路、喫茶店、神社などを回りました。
 飛騨高山アンテナショップには、氷菓の舞台となった場所を示す地図がありましたので、はじめにここに行くとよいと思います。
 また、喫茶店「バグパイプ」は作品の雰囲気を堪能できるし、巡礼ノートやスペシャルメニューもあるので、必ず行った方がよいです。
 後で知ったのですが、この喫茶店は「星空へ架かる橋」の聖地でもあるようですね。

 そして、いろいろと欲張って回っていたら19時30分を過ぎていたので、東海北陸自動車道→名神高速道路→中央道を経由して蕨まで戻りました。
 (昨日に高山・松本間で大渋滞が起きたので、松本経由のルートは避けました。)
 三連休最終日の渋滞とはいえ、夜中までは残っていなかったので、ある意味快適でした。

 なお、今回は「仕事などの都合で参加者が途中で入れ替わる」という珍しい旅行でしたが、その時々のメンバーによって雰囲気が変わるのはとても面白いと思いました。
 また、多くの場所を回ることのできた密度の高い旅行でした。
 自分としては大満足だったのですが、他の参加者の方々はいかがでしたでしょうか?
 この様な機会をまた作りたいと思いますので、その際には宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大会のハシゴ…とも言えなくもない

 かんなぎを観てたら「ざんげちゃんと参鶏湯は似とる」って思ったけど、既に誰かが言っていそうですね。

 そんなことはさておき、7月7日の昼間に赤羽のリーフファイト大会に参加しました。
 会場での飲み会の準備は万端で酒や菓子などはバッチリ持っていったところ………、リーフのデッキを家に忘れてきましたwww
 ナベジュンがデッキを貸してくれたので、FCティリアで参加したところ、ダメージ返しの面白さを再認識できたので、総帥にダメージ返しを入れたデッキでも組んでみようかと思っています。
 なお、その時に来週の3連休に聖地巡礼&温泉の旅に出ることが急遽決まりました。
 その結果は後ほど…

 その後、大会を途中で抜けて群馬に向かい、夕方から翌朝まで群馬のリーフファイター達と伊香保温泉に泊まってきました。
 総勢14名は社員旅行並の大所帯でしたが、幹事様のおかげで大きな混乱もなく、楽しく過ごすことができました。
 そういえば、夜は大会(マゴのデッキ交換会)の後も、JSさんと延々とマゴを打ってたな~

 8日の日中にもマゴの大会があった…かも

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »