« 新QMA始めました | トップページ | 大会に行こう! »

よかった探しと間違い探し

 ある程度形ができたデッキを調整するのが一番難しいですね。

 「有効だと思ったもの(コンセプトやシナジーやカードなど)」を盛り込んでいるから、本人にとってそれは最良のデッキなんですよ。

 

 それでも、対戦結果などを見て直していくのですが、その時に、良い結果が出たところを探すだけだと、一つ間違えると「そのデッキが正しいことの言い訳作り」みたいになっちゃうと思うんです。

 特に、熟練者ほどプレイングでカバーできてしまうので、デッキの悪いところに気付きづらいという罠があるようにも感じます。

 

 なので、たまに「このデッキに間違いはないか、よりよいカードがあるのではないか」と考え、時には中身を大幅に変えてみると、デッキ改善がより捗るんじゃないかと思っています。

 まぁ、たまに省みることができると、いろいろと視野が広がりますよね。(よかった探しもそれと同じだけ重要ですが)

 

 最後に蛇足ですが、リーフファイトでは「最後まで手札に残ったカードがそのデッキにとって要らないカード」とのセオリーがありました。

 しかし、マゴは不要カードをコストにできてしまうので、局面ごとの要否をよく覚えておかないとそのセオリーが適用できないのが面倒くさいところですね。

|

« 新QMA始めました | トップページ | 大会に行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173817/54502963

この記事へのトラックバック一覧です: よかった探しと間違い探し:

« 新QMA始めました | トップページ | 大会に行こう! »