« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

いざ伊勢崎!

 鎌倉の地名は藤原鎌足が鎌を(略… なんて話を聞きました。(イミフ)

 けいおん!!ライブイベントのブルーレイを見ながら書いているのでテンションが無駄に高いwww

 さて、群馬には様々なTCGに精力的に取り組んでいるプレイヤーが多く、東日本内で一番勢いがある県かもしれないなんて感じている今日この頃です。

 そして、9月18日に伊勢崎で各種カードゲームの大会が開かれることを聞きました。詳しくは下記のリンクを参照してください。

http://blog.livedoor.jp/sinji_akiba-event/archives/4391859.html

 人が集まれば、リーフの大会も開くかもしれないと聞いたような気がします。また、マゴTCGを持っている人が多いので打つ事が可能なはずです。

 たしか蕨には、18日から4連休の人週休7日の人ハヤテTCGを買いに郡山に行った人がいたような気がしたので、朝方に蕨集合で遊びに行くのもありじゃないでしょうか。

 その後は、蕨に戻るのも、そのまま温泉旅行に行って翌日蕨で解散するのもありですよwww

 

 

 うわっ、「ロックをなめるなー!」ってノリさんに怒られた~(@けいおん!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LEAF FIGHT ver8.00w カードリストの感想(キャラカード編)

 やっとカードリストを読み終えました。少し抑え目すぎるかもしれないですが、よいバランスに収まっていると思いました。某マゴTCG関係者には是非読んで欲しいです。

 せっかく苦労して入手したんだから、少し感想みたいなもんを書いてみますね。気が向いたら他の種類のカードも感想も書くかもしれません。

 なお、いちいちカード効果などを書くのが大変なので、すみませんが読んでいない人は置いてけぼりです。

 ・アロウン:相手キャラにも影響が及ぶのが面白いところ。能力が発動しても総帥(Ver5)より総能力が低いのが泣ける。

 ・モルガン:素直に超能力撃った方が強い。エタ用?

 ・スラティ:どちらも何か夢が見れそうな能力。リーダーにして前半は力殴り、後半は持ち物自慢で大打撃って感じ?

 ・タリエシン:「気力以上のダメージ」って現在の気力?それとも気力上限?リーダーは2倍?

 ・エポナ:買いだめで0コストアイテムを引いてきてから使えば4枚ドローw スラティとのコンボが強い?

 ・ガイウス:ソポクの方が効果的ww マゴTCGだったらこれ位がちょうどいいのかも。

 ・プリムラ:ルミラの吸い先?

 ・デキムス:有能な副官。ガイウスデッキを組みたくなったw

 ・リアンノン:総帥メタその1? でも使いづらそう。

 ・ノポン:総帥メタその2っていうかアイテム総帥が崩壊するレベル。特定のデッキにだけ有効なカードは積むリスクがあるのだからこれぐらいやってもいいと思う。

 ・那須大八郎:原作どおりwww 強そうだけど、気力代償は-3じゃないとリーダーでも無理そう。

 ・醍醐六郎:ドラマCD来たぁー! ファッションの方は「別の意味」でダメージを与えていそうww

 ・千堂和樹:地味に強化。廃人を装備すれば毎ターン同人誌が投げ付けできるね。

 ・宮田健太郎:こっちも地味に強化。0コストキャラをたくさん積めば回転が速いかも。

 ・藤井冬弥:地味に強化っていうよりは別キャラ。「今日の女神」はイイネ。面白い能力だし、アニメの雰囲気どおりだし。

 ・如月小夜子:ステージ勝負最強キャラ。ペナルティを併せ持たせたことでいいバランスのキャラに。

 ・河島はるか:この様な、特定アイテムで特定キャラだけ強化ってのはもっとやるべきだと思う。

 ・緒方英二:ぶっちゃけ弱体化。でも、特定メタは夢が見れるのでイイネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況とか予定とか

 7月は戦国大戦の新環境でも一夜城が通用するか研究していました。

 http://www.sengoku-taisen.com/ranking/ranking_pref_monthly_old0039_0001_0020.html

 ↑そのおかげで県内月間ランキング4位になって守護大名の称号をゲットしましたが、8月以降はTCGの方に時間を割く予定なのでプレイ頻度は下がりそうです。

 まずはリーフファイトで、大阪非公式大会に参加するデッキを早く作り上げないといけないと思っています。

 最近は○○○○や○。○○の投入率が高くなってきたため、○○ー重視のデッキが低迷しているところなので、それらへの対応方法を考えるのが喫緊の課題になっています。

 その次は孫TCGのチェックですね。

 先行販売のデッキを数個買えばオリジナルデッキを組む材料が少しは集まると思うので、買ったらしばらくはデッキを組んでは回す作業に没頭していると思います。

 なお、コミケは1日目と3日目に行く予定です。

 今回は特にエンジェルビーツの本を探しまくりますよ♪

 シュタゲも面白い本が多くありそうなのですが、ネタバレが怖いので今回はスルーかなと思っています。

 1日目は電源不要と企業ブースを軽く回る程度です。

 3日目はリーフ、キー、タイプムーン辺りを中心にじっくりと見て回り、途中で挨拶回りもするので、単独行動になると思います。

 そういえば、13日はどうしようかな?ヘッドフォンを投げつけるかなぁwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Come with me! 大阪非公式大会

 今年も「リーフファイト非公式大会2011in大阪」が開催されるそうです。

 http://chobi.net/~leaffighttcg/unofficial2011osaka.html

 みんな準備はできたかい? さあ行くぞ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫TCG体験会

 ファンタズリアTCGの体験会に行ってきました。( 「LFTCGの孫なんだから、略称は孫TCGでいいんじゃない?」っていう某氏の案を個人的に採用しています。)

 全員に30枚で構成されたデッキが配られ、ルール説明後にフリー打ちとの内容でした。

 デッキには一部のカードしか入っていなかったので、拙速な評価は避けたいところですが、「TCGの玄人達の力を結集したテンポのよいゲーム」という印象を持ちました。

 まず、エントリー2ドローな上に、どんな手札でも切ればコストになることから、キャラ展開事故はほとんどないと感じました。

 ただし、前衛3ダウンでゲーム終了なので、入れ替える機会は少ないため、どのキャラを場に出すか慎重に考える必要がありそうです。

 イベントは、「封印、弓矢、ガセネタ、ファイト一発、付け焼き刃もどき(能力+1)、スランプもどき(能力-1)、降霊術(白1、リーダーと同作品のキャラが2体以上展開時のみ使用可)」を見ました。(効果やコストが同じLFのカードに置き換えています。)

 孫TCG独自のカードと思えるものはまだなかったと思います。

 キャラは、白1コストで一部の能力値を6や5にできるものが何体かいましたが、「自分ターンのみ使用可能」との制約も付けられていたことから、攻め側が有利なゲームに設定されていると感じました。

 殴り合いの感覚はFateTCGに近かったですよ。

 繰り返しますが、まだごく一部のカードにしか触れていないため、今日はこの程度に留めさせてください。

 なお、参加者に配られたプロモカードですが、LFのVer8のα版と同じでしたのでご安心ください。(事前に質問のあった方々へ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リーフファイト3?

 FateTCGというものがありまして~

 既にそこらで話の上がっているとおり、リーフファイトのシステムを継承したTCGが発売されるそうですね。

http://www.phanta-tcg.com/

 8/7の体験会は必ず行こうと思ってますよ。

 東池袋に近いってことは~(深読みしてね)

 なお、リーフファイトでやり残したことや試していないデッキがまだまだあるので、リーフファイトをやめるわけではないですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーフファイトのエラッタ論について

 2chのリーフファイトスレで、総帥やガディムとかへのエラッタ論などが白熱していますね。

http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/tcg/1268638425

 「総帥の早さを5から4にする」との意見には賛同します。

 5のパラメータは、マルチみたいに他の能力が低いなどのペナルティがあって初めて与えられるものだと思っています。(細かい理由は2chで書かれているので省きます)

 また、香月ちはやの特殊能力(それぞれの正義)を「性別ありのキャラがダウンした時だけにする」という考えは目から鱗でした。

 これならゴーストとすももを対象外にできますね。

 エラッタは、可能な限り「少なく、分かりやすく、覚えやすく」あるべきと思っていますので、その意味からもよい内容だと思っています。

 なお、基本的には、与えられた環境で全力を尽くすべきということは分かっています。

 しかし、もしリーフファイトの公式運営がもう少し生き延びていたら、上記の2点のエラッタが出されていたのではないかと夢想してしまうのですよ。

(大迫さんがいなくなってから問題が見えて来たものは、運営がエラッタを検討する機会がなかったと思っています。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »