« 【再告知】リーフファイト非公式大会2011in東京 | トップページ | リーフファイト三昧の2日間 »

2011リーフファイト非公式大会in東京

 平日はなかなか時間が取れないので、細かいことを忘れない内に勝負の結果を先に書いておきますね。

 本戦は、ネットゲームと徹マンで殴る白ささらで参加して、3勝3敗でした。

 1回戦目はオクタヴィアで、ユズハを巡って一進一退の攻防がありましたが、最後は持ち物自慢で殴られて負け。

 2回戦目は白ささらで、後攻を貰ったら、開幕で一文無し、その後にバニサン、スフィーと出されてまともに動けずに負け。最終ターンにユズハを引く辺りがまじでセンスないですわw

 3回戦目は総帥で、相手の体制が十分に整う前に殴りきり勝ち。

 4回戦目はガディムで、前衛の殺意の恵や千鶴をまーりゃんキックやバックダメージで倒すものの、おかわりを出されて、リーダーの気力がなくなり負け。も、もっと好物があれば…

 5戦目はルミラで、「徹マン、ネトゲ、スラ、スラ、スラ」の神手札だったので、2ターン目に2回殴って勝ち。まーりゃんを引くために圧縮しまくり、その副産物により今回の様な手札(根を下げて複数回アタック)になりやすくしたデッキだったので、ここに来てやっと本領を発揮したところでした。(いまさら~)

 6戦目は環(抱きしめ)で、貴明&まーりゃんとスフィー&リアンを作られたものの、挑戦状+付けスラでスフィー&リアンを落とした後、貴明&まーりゃんの隙を縫って相手リーダーにダメージを与えて勝ち。

 いろいろなデッキと戦えて、とても勉強になりました。特に、負けさせられた相手のデッキは自分でも作ってみて、良い所を拾っていきたいと思ってます。

 なお、チャンピンシップはマルチで出て、Tanさんのヌグィソムカミと戦い、幸いにも勝つことができ、非公式チャンプのタイトルを防衛できました。

 実際の戦いの方は、先攻を取らされ、1ターン表にこちらが文月と可憐を出してターンエンド。ここでヌグィの暴走で、マルチとヌグィに1点ずつダメージ。

 1ターン裏には、相手にちはややすももを出された上、すももにいけにえを打たれたので、噂話を打ちましたが、時間稼ぎでドローをされ、神頼みを使われた後で、さらにすももセット&いけにえでドロー、鶴来屋三本で殴られて4点(バック1点)、応援でヌグィとちはやが起きて、再試合(鶴来屋三本を再利用)で殴られてさらに4点(バック1点)を受けました。

 この時、鶴来屋三本を受ける前に手札のおとぎ話を使ったのが、超ヌルプレーでした。(そうすれば、再試合は使われずに済んだのに…)

 相手のデッキタイプを知らなかったので、エクスが飛んでくることばかり恐れ、少しでも早く有効カードを引いておきたいとばかり思っていましたよ。

 2ターン表のこちらの手札は「エキサイト、熱湯風呂、隠し芸、噂話、付け、スラ、スラ、コリン、チエ」だったと思います。(初手7枚+エントリードロー×1+相手のすももダウンドロー×2+降霊術×1により11枚で合ってるかな。)

 場は、こちらが「マルチ(残り気力2、待機)、前衛は文月(待機)、可憐(待機)」、相手が「ヌグィ(残り気力9、消耗)、前衛はちはや(待機)」でした。

 ここで再びヌルい打ち方をし、可憐コストでコリン出した後、ドタキャンを半端に恐れて「マルチと文月のコスト発生→発生し忘れた手札のチエのコスト発生→エキサイトセット」というアホなプレイングをしてしまいました。

 ドタキャンをちゃんと警戒するのであれば、「文月と可憐消耗でコスト発生→マルチ消耗でコスト発生→手札のチエでコスト発生→コリンセット→エキサイトセット」とすべきだったと思います。

(どこでドタキャンを打たれてもエキサイトはセットできるし、マルチが起きている状況で、相手が唯一の前衛(ちはや)を消耗させるのはリスクが高すぎるし)

 なお、エキサイトセット前に暴走を受けてマルチとヌギィに1点ずつダメージ。これでマルチの残り気力は1、ヌグィの残り気力は8になりました。

 次に、コリンがバッタリして好物が出てきたので、喜んで使うものの時間稼ぎを受けてしょんぼり。

 ここで好物を使って時間稼ぎの的にできたのが正解だったのか?まだ置いておくべきだったか?そもそも、もっと後でバッタリすべきだったのでしょうか?

 不確定要素を早めに確定させて得をする率が高いのは自分と相手のどちらなのか、結果論ではないプレイング論としての意見を貰えると嬉しいです。

 その後は、熱湯風呂と隠し芸をセットし、マルチの応援で根性+1した後に、マルチアタック→ちはや受け→風呂選択で4点、ダウンドローは付け(だった様な気が…)、マルチアタック→ヌギィ受け→隠し芸選択→スラ2枚とも時間稼ぎを受けたものの、付け2枚が通ってヌグィに8点与えて勝ちました。

 ちなみに、この2回のバトル時には「いけにえ、遠隔操作等の消耗系、身代わり」の影におびえ続けてました。

 「ちはやとの風呂の4点ダメージをヌグィに身代わりされた場合、次の隠し芸をちはやで受けられて終了」というのが最悪のパターン。

 一方、「風呂の最中に付け、スラを使って8点にすれば身代わりは使われないが、いけにえを使われてマルチが起き上がれなかったら終了」というのもアウト。

 さらに、「遠隔操作等を使うなら1回目の攻撃宣言時が定石だが、上記の様な身代わり対策で付けを使う可能性まで計算に入れて、2回目の攻撃時に使われたら終了」というのも、Tanさんならありえると思ってましたが、結局、いけにえが一番ありえると思い、最後まで付けスラを温存しました。

 以上のとおり、相手の手札によって正解が異なるところにリーフファイトの面白さと怖さがあることを、再認識させられました。

 なお、前述のヌルプレイをしたのに勝てたことも含め、とても運が良かったと思っていますし、より一層の精進が必要だと反省しています。

 以上ですが、細かいところで間違っている可能性があり、例えば、ちはやダウンドローが付けだったかスラだったか覚えておらず、最終的に付け×2、スラ×2になったことしか分かっていないので、いずれアップされると思われる動画を見て確認したいと思っています。

 最後に、この様な素晴らしい大会を開いていただいた運営スタッフの皆さんに感謝します。また、来年もやりましょう♪

|

« 【再告知】リーフファイト非公式大会2011in東京 | トップページ | リーフファイト三昧の2日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173817/50880467

この記事へのトラックバック一覧です: 2011リーフファイト非公式大会in東京:

« 【再告知】リーフファイト非公式大会2011in東京 | トップページ | リーフファイト三昧の2日間 »