« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009大阪非公式大会

 9月20日の大阪非公式大会に参加してきました。
 参加者は確か36名で、関東からはSTSや西東京の方々も来られていました。
 使用デッキはいつものドロー過多マルチで、この大会のために8月に調整(FC理緒やFC3可憐を増量)したもの(前回のはっぱ祭で使ったもの)でした。

 対戦相手は1回戦目から順に「柳川(FC)、総帥(Ver5)、ルミラ(Ver1)、ルミラ(Ver1)、ルミラ(Ver1)」で、耕一&千鶴(鬼神楽)や対戦ゲームに苦しめられましたが、こちらのデッキも目的どおり動いてくれたため、幸いにも全勝できました。

 また、でいっ!さん(理奈(Ver2))とのエキシビジョンマッチも勝利できました。
 後攻が取れたことやFC理緒が初手にいたことによるアドバンテージが大きかったと思っています。

 全体を通して、対策カードの強さが特に印象に残りました。

 なお、チャンピオンベルトをお預かりしました。
 もし、よろしければ、大規模な非公認大会を開いた時に、このベルトをかけた勝負の場を設けていただければありがたいと考えています。

 最後になりますが、各地の様々な方々と交流できる場を設けていただきました主催者の方々に厚くお礼を申し上げます。
 もし、今回のことで対応すべきことがありましたらお気軽に声をおかけ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009秋リーフファイト旅行

 旅行に参加された皆様、お疲れ様でした。
 やっと新白河に帰ってきました。
 某氏の書き方を見習って、ネタを箇条書きしてみます。

《0日目(9/18夜)》
  参加者(敬称略)は「夢路、氷魚、MOE、ルゥプ、バロン、自分」の6名で、22時に大宮に集合し、レンタカーで名古屋に向かいました。
  深夜でも渋滞していましたが、致命的なものではなかったのが幸いでした。
  ・大宮の全てのゲーセンからGCBが消え去った。
  ・シュークリーム分が足りないZE!
  ・なぜか氷魚邸のそばに戻ってきたじゃん。

《1日目(9/19)》
  名古屋到着予定が7時すぎとなったため、朝8時開店のマウンテンに直行することに…
  納豆山菜パスタを平らげたもの、当分は納豆はいいやという気分になりました。
  ・この鍋順(=なべパスタ)、味がなさすぎる。無理ぃ~
  ・バロンたんにカキ氷をプレゼント(はぁと) → なに、この大量のカキ氷。バカなの、死ぬの? → 王大人死亡確認

  その後は、夕方まで野球観戦組とゲーセン組に分かれることになったので、自分はゲーセン組に参加してバーチャファイターやGCBをやりこみ、翌日の大会に備えて、勝負勘や駆け引きの感覚などを取り戻そうとしていました。
  夕方からは名古屋勢主催の焼肉大会に参加し、リーフや麻雀、ラブプラスなどのことを語り合って大いに楽しみました。
  (なお、ここから新幹線で来た鍋順さんが参加)
  ・名古屋の道路は「左折、直進、右折、直進」が1セット!?(一番右の直進道路を右折車への配慮なしにかっ飛ばすのが名古屋クオリティらしい)
  ・メロンフローズンの味がするウーロン茶(自称)登場
  ・裸王の素敵ドリンク(っていうかゲゲボドリンク)で死屍累々(ネギが浮いてるよ!)
  ・氷魚+無銘刃の密談はエンドレス

《2日目(9/20)》
  私のみ大阪の非公式大会に向かい、他のメンバーは名古屋の大会に向かいました。
  大会の状況等は別の記事で書かせてもらいます。
  大会後は、帰還計画の足を引っ張らないように急いで名古屋に戻り、レンタカーメンバーに合流。
  しかし、カラオケ組と麻雀組に分かれて名古屋勢と懇親の場を設けていたので、麻雀組の方に参加しました。
  ・終局する前に誰かが飛んで終わるのが名古屋仕様
  ・「リーチ一発無銘刃!」が再び炸裂
  ・人間キャッシュディスペンサー(振込機)登場 → 点棒が引き出し放題だぜ → 南入時に残り800点 → でも、なぜか終局まで生き残った。
  ・咲麻雀病蔓延(そろそろ混ぜろよ、カンしまくり(ポンすればカンできる可能性ができるじゃん)、イーシャンテン地獄、など)

《3日目(9/21)》
  朝5時すぎにカラオケ組と合流し、レンタカーでの移動を開始しましたが、人数等の都合で氷魚さんと鍋順は新幹線で移動することになりました。(←すみませんでした)
  渋滞は一部だけで、それも20km~60km程度で動いていたおかげで予想よりも楽に帰れたため、12時頃にはバロン邸に着きました。
  ・新幹線の方が勝ち組?
  ・鰻むすび小さすぎ
  ・道案内のためだけにバロン邸近くによわっち参上

  なお、当初はさいたまの実家に戻る予定でしたが、ゆる3からの誘いを受け、秋葉原の池田邸に向かうこととしました。(メンバー(敬称略)はゆる3、池田、いおり、自分の4名)
  池田邸ではひたすらリーフを打ち、夜から翌朝までは徹カラでした。

《4日目(9/22)》
  朝に池田邸に帰還し、気絶したかの様に眠った後は、食事を挟みつつもほとんどリーフ三昧でした。(ここでバロンが参加)
  その後に、22時頃から大阪大会の賞品だったゆりしーDVDの鑑賞会を始めたところ、あまりのデンパっぷりに悶絶。
  気力0になったところで、池田邸合宿を終え、帰宅しました。
  ・これがエロティシズムの巨匠望月六郎の演出だ! ところで望月六郎って誰?
  ・始めの踊りが訳分からん
  ・なんで鍵なの?
  ・エロイというよりはきめぇ
  ・撮影者が○ぃ○さんに少し似てないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »