« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

花見&カラオケ

 里香さんとどごまタンの企画したイベントに参加してきました。

 カラオケでは新曲を試したり、お気に入りの曲を熱唱できたし、皆さんと楽しく過ごせた非常に素晴らしい1日でした。

 是非、また一緒に遊びたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皐月祭り

 BP使用可能環境だったので、ヌギィバーンデッキと殺意の恵デッキを用意しました。

 最後までどっちを使うか決まらなかったので、ダイスを振ったら恵デッキの方になりました。

 このデッキは回復要素ゼロで、ひたすら速攻を目指したもので、実際にその様な動きが出来たおかげで3勝1敗で入賞することが出来ました。

 あと、会場では互いのGCBデッキを紹介したり、レアのトレードしたりという暴挙に出ていました。

 なお、羽嶋さんがパージオを出してくれたおかげで、3者トレードが成立したのが特にありがたかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連邦ハジマタ?

 ラウンドワン宇都宮でゴリゴリとGCBをしてたら、ゆるちゃんと遭遇しました。

 QMAが100円2ゲームになっていたんだったら、少しやっておけば良かった。(と思いながらもついついGCBをやってしまいます。)

 連邦の方はトカチデッキ(4号機+ロングライフル)で中将まで戻ったので、そろそろさらに上を狙えるデッキを作ろうと思っています。

(このデッキは爽快感はあるのですが、安定力に欠けるため、中将止まりのデッキだと思っています。)

 最近試しているルセットやテネスをもう少しうまく使えないか考えており、来週の皐月祭りまでには形にする予定です。

(4号機はカスタムが固定されるので、これから離れないと新たな発見はないと思っているのですが、高火力を出せる機体となると「アレ」か?(謎))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はっぱ祭

 今日は強豪が集まった上に、各自がその事を分かっているから最善のデッキで出るという非常に厳しい環境での戦いになりました。

 そのため、こちらもハヤテの…(略)マルチデッキで参加しましたが、戦略的な読み違え等があり、2勝2敗という結果になりました。

 最近は試験的にいろいろなデッキを使っていましたが、自分にとって一番馴染んだデッキを使い込んでプレイング力を上げる必要がある事を実感させられました。

 その後はお約束の様にGCBでしたが、非常に強い方にこちらの予想を超える行動を取られて惜敗したりしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々のスペパー

 スペースパニックに寄ってVF5をガッツリプレイ。

 葵は以前と同じように動けましたが、ラウやジェフがやばい位にダメダメになっていました。

 特にパイを使った後でラウを使ったら、端脚が飛び出たのは自分でもビックリです。

 GCBをやりすぎてVF5をおろそかにしたツケが回ったかな?

 なお、さぶちゃん@ベネッサが見違える様にうまくなっていて、舜での同段戦は一進一退の攻防となりましたが、まだ駆け引きに雑なところがあったので、クセを覚えて無理やり勝ち上がりました。

 彼の今後の上達が楽しみですが、それでもフルボッコにするのがスペパーでのお約束ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GCBチックなリーフファイト

 たまさん達が主催する川崎の大会に参加してきました。

 せっかくBPがOKな環境だったので、ヌグイソムカミをリーダーにした味オンチバーンデッキを使用しました。

 主な防御要素は、ディフェンシブ(フィールド)とインスタントヴィジョンで、豊富な回復要素でそれを補う形を取りました。(好物+魚肉ソーセージだけではなく、バーベキューやお裾分け、応急手当も投入)

 また、バトルを入れない分、スロットに余裕があるため、ガセ+噂話を4積みにしたことで安定度を高めました。

 結果は3勝1敗で、焼き切る前に攻撃の場を作られたら支えきれなくなりました。

 GCBで使っているデッキに似たものを作ろうとして無理矢理組み立てたのもので、当初は防御要素が薄いので勝ちきれないかと思っていましたが、予想以上に耐えられる事が分かりましたので、もう少し煮詰めてまた使ってみようと思います。

 なお、優勝はどごまちんの諸角デッキで、しっかりとBP環境用のデッキを考えてきた所が結果に繋がったのではないかと思っています。

 その後は、秋葉のレジャランでGCBで、なぜか対戦相手のほとんどが大将以上ばかりだったので、かなり苦労しましたが、なんとか戦い抜きました。

 さらにその後はカラオケで、組曲らきすた動画に再挑戦したところ、かなり歌えるようになったのが嬉しいところでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »