« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

デンドロ使用感

 昨日は行徳でデンドロを引いたので、今日さっそく「脱走アムロ+EXAM+デンドロ」&「ボール改+ニナ+バレスト」で戦ってみました。

 始めは非常に強い厨デッキだと思っていましたが、実際はそれほどではなく、勝てる相手には圧倒的だけど、対策が取れている相手には勝ちきれない結果になりました。

 バリ越しにデンドロが攻撃できるのはかなりインチキで、それによってこちらに近づく前に戦力を削り落とすこともできました。

 しかし、デンドロの欠点は近距離で青射ちが出来ないことで、上級将官は盾で受けつつ近づき、青射ち不可のポジションを上手く取って赤射ちで仕掛けてきます。

 戦艦を盾にしたりカット役にして難を逃れようとはするのですが、遠距離からミサイルを撃てるほど離れることはできず、またその位置に行けてもロックが届く前に相手は戦艦やボールを狙うため、デンドロが活躍できる機会が持てませんでした。

 また、今日のマップは隕石以外の障害物がなかったため、それがさらに不利に働いたとも感じています。

(逆に、障害物が多いマップではかなりイケルのではないかと考えています。)

 以上がデンドロの使用感でしたが、メタの中心となるカードを使って理解を深めることで、GCBに対する視野が広がる事を実感できたのが大きな収穫でした。

※追記

 その後にジオンで地上戦をやった時にサハリン兄妹をアプ3に乗せた相手と当たりました。

 遠~中距離での乱戦となり、その最中にアイナがこちらをギニアスごと撃つことがあったのですが、ギニアスが「貴様!」と言いながら非常に苦しげで怒りに満ちた表情をしたため、「密かに兄を亡き者にしたかった妹」みたいなシチュエーションが頭に浮かんでつい笑ってしまいました。

 速水小隊(http://blog.so-net.ne.jp/schterzen/)にかなり毒されているかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある意味8回目

 2chアーケード板のGCB厨叩きDQNスレでめでたく(?)夢タンが晒されていました。

 そして、815で神発言が!!(後はそのスレを見てのお楽しみ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

必殺技!

 必殺技が使えるとゲームがより楽しくなるもので、LFで言えばエキサイト耕一や月島兄応援コンボなどが綺麗に決まった時は脳汁が出そうになります。

 では、GCBでは何が必殺技かと考えれば、核やドズル藁、ゾンビガルマ(修正前)が筆頭に来ると思いますが、他にも集中砲火なども必殺技と呼べる威力と爽快感があると思います。

 で…、改めて自分の今までのデッキを見返してみると、半分無意識に必殺技を求めていた事に気づきました。

 投石×3コンボとか、4号機+ロングライフルなど、火力を求めた結果でもあるけれど、「絶対に倒せる状況」を模索していた部分の方が大きかったです。

 基本的には、まず必殺技を考え、次にそれが実現できる様なサポート要素を入れていましたが、デッキ構築として大きく間違ってはいないと思っています。

 そして、最近は今までのデッキに飽きつつあるので、新たな必殺技を探したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レアグフゲット

 席に座ったら2ゲーム目でいきなりカード切れでした。

 「レアゲットフラグが立った!」と思い、さらに4クレほどやったところ、いきなりレアカードが出てきました。

 始めに表面をちょっとだけ覗いたら光っていたので、背面から少しずつ開いていったところ、「グフ」との文字が!

 「遂に新グフカスタムが来た~っ!」と思いながらさらに開いたところ、「ランバ・ラル専用機」の文字が…。

 残念ながら、グフ違いでした。OTL

 それでも、アンブッシュは面白い能力なので、ノリスのレベル上げを兼ねて使ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三戦みたいなGCB?!

 ミーシャさんのブログに自分のプレイが映されたニコニコ動画が上がっていました。

 なんで旧グフカスなのかと疑問を持つ人が多いと思いますが、それはまだ新グフカスを持っていないからです。(爆)

 早く新グフカスを手に入れて、「グフで(盾を割った上で)釣って、アレックスで溶かす」という戦いをしてみたいです。

 なお、前回のメットシーマinザメルの時は致命的なリンクロックを受けるグダグダな戦い方でしたが、今回は初めに戦艦がある程度攻撃を受ける事で弾切れ&誘い込みを狙う事ができた満足できる試合になったと思っています。

 ちなみに、攻めに来ない相手にはどうするかとの声がありましたが、別に根が生えている訳ではなく、こちらから攻めに行ける構成でもあるし、そういう相手の方がやりやすいです。

 敵MSは無視して盾を頼りに戦艦に近づき、2~3回集中砲火を浴びせれば戦艦は落ちるので、後は補給が切れた相手を少しずつ削っていくだけでOKです。

 無理をせずに盾が壊れたり弾が切れたら補給に戻れるよう、相手の動きを見ながらじわりじわりと戦艦を狙う駆け引きをするのも一興です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

公式大会

 公式は、マルチの「ハヤテのごとくのごときデッキ」(ドロー、回復、付けスラを全て4積みのデッキ)で参加しました。

 対戦結果は以下のとおり略式で書きます。

 1戦目はコスプ玲子だったので、アイテムが付く前に殴りきりました。

 2戦目はなぜか目の前にバリ厨がいたので、文月が暴れまくったのですが芹香の壁が崩せず、最後は受け渡しで自決しました。

 やっぱりGCBもリーフもバリケードが最強っスね。

 3戦目は綾香で、キャラ切りエクスでいきなり大ダメージを受けたのですが、好物で凌いで風呂4点、風呂4点+付けが通って勝利しました。

 4戦目は力アップのクロウで、初めは隠し芸で殴っていたのですが、早い内からウォプタルが付いて状況が逆転し、しばらくの間は応急修理で耐えていました。

 しかしこちらもレベルアップを付け、さらに吉岡チエで牽制する事で五分に持ち込み、相手リーダーへのダメージが蓄積できたので決着が付くかと思ったのですが、魚肉ソーセージを使われて状況が元に戻りました。

 そしてその後数分の内に時間切れ引き分けとなりました。

 前衛4体ダウンまで持ち込んだものの、マルチにダメージが乗り切ってしまったため、これ以上トラブルメーカーが撃てなくなったのが残念でした。

 5戦目は耕一デッキで、死中を4回使ったら勝利しました。

 やっぱり死中は壊れカードだと思います。

 6戦目は由綺デッキで、こんどはドローされまくったら負けました。

 やっぱり死中は…(以下略)

 最終結果は3勝2敗1分で、4戦目の対クロウ戦でダメージコントロールをもっとうまくやっていれば勝てたかもしれないのが心残りでした。

 その後は、シールド戦に参加したところ、釣り竿を引いたのでフィッシング主体のカミュリーダーデッキで戦いに挑みました。

 1戦目はアイテムとバトルを組み合わせよく引けたため、押し切れるかと思いましたが、超絶圧敗フルタップをした時にリーダーに9点乗せられてダウンしました。

 相手はバトル事故を起こしていた上に、シールド戦のため大ダメージを乗せる事はできないと考え、オフェンシブに攻めすぎたのが裏目に出ました。

 結果は1勝1敗1分でしたが、今のシールド環境では由綺リーダーにダメージが通るデッキを構築するのがベストだという事が理解できたのが大きな収穫でした。

(そうでないと、30分では引き分け量産です。)

 以上のとおり、朝から晩まで戦い抜いた大変な日でしたが、久々に会えた人もおり、非常に充実した1日を過ごす事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式前日

 前日はおとなしくしよう…と思っていたのに、なぜか宇都宮ラウンドワンでGCB三昧ですよ。

 今日のレア引きは、ガーベラ、ビームライフル(ガンダム用)、つば競り合い、ロングビームライフルでした。

 ビームライフル(ガンダム用)は、1枚しか持っていなかったので、それなりに有難いです。

 やっと適正武器が2丁手に入ったので、対抗心アムロを最終ガンダムに乗せて、ビームライフル(ガンダム用)2丁持ちをやってみようかな?

 その後は、ゆる3邸のそばを通りつつ南下し、鷲宮神社に優勝祈願のお参りをしてきました。

 着いたのが22時30頃だったので真っ暗でしたが、要所に灯りが点いていたので、問題なく境内を見て回ることができました。

 この前来た時は午前5時前後で、夜や朝方の雰囲気もそれはそれで良かったのですが、今度は昼間に来たいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コウ式大会

 と言っても、デンドロ乗りの彼ではありませんが、最近、皆が公式大会に関する書き込みをしているので、状況だけ書いておきます。

 まず、公式大会には参加します。

 電車で移動する予定なのですが、場合によっては車でいくかもしれません。

 なお、環境としては、BPありの混沌とした場なので、半端にメタを貼るよりは自分が使い慣れたたデッキを使う方が良い結果が残せると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7度目ですね

 また、2chのGCB厨叩きスレでジオンのIDが晒されていました。

 ゲームに何を求めるか、対戦相手がどう受け取るか等の事は、スト2の待ちガイル議論以来、幾度と無く繰り返されて来た決着の付かない話なので、特に書くことはないです。

 ただ、将官戦は常にガチデッキのぶつかり合いなので、泣き言を言うよりはデッキと戦略眼と腕を磨き上げていった方が建設的だと思いました。

 なお、連邦の「とかちつくちてデッキ」の方が厨っぽいと思うのに、一度も晒されないのが不思議だと思っています。

 ちなみに、サブカードを一切作らずにやってきた事で名前を覚えられる確率が上がっただけで、夢タンも同じカードでゴリゴリプレイをしまくれば、表舞台に立つことも夢ではないと思っています。(…と、なぜかここで返答をしてみたりします。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノイエジールは難しい

 閉店まで座っていた席の配列が8クレ後にノイエだったので、開店特攻をしたところ、本当にノイエジールが引けました。

 引くことを予想して旧Rガトー等を用意していたので、早速宇宙に飛び出しましたが、かなり扱いが難しいです。

 リーチの長さや機動力を活かすためには、射程距離ギリギリの当たりで攻撃する必要があるのですが、相手もそれを嫌って離れたり近づいたりするので、常に間合いを意識した戦いを強いられるのがつらいところでした。

 また、対デンドロ戦は相手に強力な実弾武器(ミサイル)があるため、地獄を見ました。

 以上のとおりいろいろと苦労しましたが、この経験のおかげで対ノイエ戦が少し楽になった様な気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがはKeyだ!(褒め言葉)

 撮り貯めしていたクラナドをやっと見ました。

 Key独特のイノセントチックなキャラがかなりビミョ~な行動を取る様は見てて飽きませんでした。(注:かなり言葉を選んでます。)

 おかげで初めは1話だけ見ようと思ったのですが、気が付いたら6話まで全部見てしまいました。

 7話以降も非常に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »