« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

第ナナナナ回はっぱ祭

 今日は保科と理奈のどっちのデッキを使おうか迷っていたら、一戦目の相手が羽嶋さんだったので、ダイスで決めたら保科デッキになりました。

 よく考えたら、「放棄封印付けスラ応援アチョー」の危険性がある中で、保科選択はありえなかったかも…

 結果は2-2でしたが、好物を他のデッキで使うために抜いて、その分カウンターを多めに入れたのが、相手によってプラスにもマイナスにも働く事を実感できた試合が多くありました。

 その後は皆でポムの樹で大盛祭りでしたが、それは皆のブログで書かれているので割愛します。(予想どおり、約1名が化け物だったことだけ書いときます。)

 さらにその後は八潮でGCBで、夢タンの集厨砲火デッキに戦艦を焼かれながらも、4号機+ロングライフルデッキでさらにその上を行く火力で焼き返すという火力インフレバトルで楽しみました。

 なお、アプ3+DB2+ザクタンクのバリデッキで全国に出ましたが、一つ間違えると(っていうか実際間違えたけど)味方ごと焼き尽くす様なデッキは無理でした。

 そのため、アプ3の390コスト分をイフ改に変えてみる予定です。

 あと、「エイル(片手ビーマシ)→羽嶋さん(コウ・ウラキ)→夢タン」の三つどもえのトレードをしたので、夢タンから何が貰えるか楽しみです。

 そうしている内に閉店になりましたが、続けて遊ぶ場所がないかという話になり、大慶園(千葉県)に行きました。

 ここは24時間営業で、GCB、QMA、三戦、アクエリ、絆等の様々なゲームが何でもある所なので廃人にお勧めの店です。

 そこでGCBをやって、カラオケで電波ソングを歌いまくった上で、QMAをやったら朝の11時になっていたので、皆を送りつつ帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず

 6/23のGCB厨叩きスレで通算5回目の晒されがありましたが、厨リストには名前が載らないのが謎なところ。

 バージョンアップ後も晒される事を目指して、キモいデッキ作りに励みますか。(違

| | コメント (2) | トラックバック (0)

LF公式イベント

 今日もはっぱ祭りで使ったマルチで参加しましたが、このリーダーやデッキの欠点を突くような相手(意訳)と当たって、最終的には3勝3敗でした。

 とりあえず、どごまタンが岸田ラブなのはガチ。

 途中でTKPさん達とGCB談義に花が咲き、「店毎にレアカードの偏りがある」等の有益な情報を得られました。

 あと、自分のデッキが「プレイヤーに有効活用を要求するデッキ」である事を再認識したので、バージョンアップ後はもう少し自由な動きができるデッキを組もうと思いました。

 本戦の後はシールド戦に参加しましたが、レアの引きが弱く、カミュリーダーで細々と頑張りましたが、ミスもあって1-2の結果となりました。

 でも、シールド戦はそれならではの面白さがあるので、今後も続けて欲しいと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

800コスト限定戦

 基本要素さえ押さえれば、800コストでもバリケードデッキができるかと思い、下記のデッキを作ってみました。

 そして、800コスト限定戦に挑んだところ、しばらくして対戦相手が羽嶋さんになるという珍事が起きました。

 名前を見た時にびっくりして「え~」とか言いながら仰け反ったら、周囲のお子様から可哀想な人を見る目(違)をされてしまいましたよ、ふー…

 戦艦やMSが入り乱れて戦う白熱した勝負になりましたが、バリケードがうまく機能した事やケンプファーが生き残れた事により、何とか勝つことができました。

 その後もかなりの間、800コスト戦をやっていろいろな相手と戦いましたが、孤軍デッキは相変わらずバリケードデッキの良いお客さんだと思いました。

(先に戦艦さえ落としてしまえば、1機だけでバリケードを破ることはほとんど無理です。)

《使用デッキ》

サイド:ジオン、総コスト:800/800、戦場:地上

艦長 キシリア(Ver2) 150

1番機         350
 ガルマ(Ver2)   90
 ケンプファー(フル) 170
 ジャイアントバズ    45
 スパイクシールド(旧) 15
 強化炸裂弾       30

2番機         145
 シャルロッテ      45
 量産型ガンタンク    70
 鹵獲兵器        30

3番機         155
 メイ・カーウィン    85
 ザクタンク       50
 簡易メンテナンス    20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4度目の正直

 って、何が正直なのかはさておき…、「ガンダムカードビルダー厨叩きDQN専用スレ22」でジオン側のIC(ル・バラバ・ドム)が再び晒されてました。

 やっぱり、遮蔽物越えに特化したデッキで、それを活かすプレイングをすると相手は「クル」ようです。

 でも、「TCGのロックやパーミッションはもっとツライぞ~!」と畑違いの暴言を吐いてみるテスト。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バリケード虫 VS バリ核

 ジオンのバリケードデッキを「シャア+パオングを基点としたデッキ」(過去の日記にレシピあり)に戻し、ドアンザクにチェーンマインを持たしてみたら、バリケードデッキにとって一番イヤな存在である戦艦を落としやすくなりました。

 そして、そんなデッキでいろいろプレイしていたところ、バリ核デッキに当たりました。

 初めはパオング&ザメルでザクタンクを排除し、相手の予備ゲージを無くした辺りで「核タイム」に入ったので、相手のGP02をパオングで多少遠目の距離からサイコミュでロックオンし、攻撃ボタンを押さずにつかず離れず10数秒くらい牽制していたところ、それが功を奏して2度目の核を使われる前に時間切れとなり勝利する事ができました。

 上記のとおり牽制できたのが一因ですが、「相手のGP02のパイロットがケンではなくキャスバルだった」ため、GP02が血の代償による壊れた攻撃力を発揮することがなく、おかげでそのプレッシャーを感じずに立ち回れたのが最大の勝因だったと思っています。

 相手はもしかしたらありきたりのバリ核ではないモノを目指していたのかもしれませんが、「デッキコンセプトの重要な要素を変えてしまったら、勝利を得る可能性が下がるものだ」という事をこの一戦で実感しました。

 また、これは「定番と呼ばれる強いデッキを自分特有のデッキにアレンジする事の難しさ」を表した様なもので、リーフファイトでも同じ事がよくあると思いました。

(だからこそ、デッキ構築が楽しいとも言えるのですが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮ラウンドワン

 最近、宇都宮ラウンドワンがホームグラウンドの様な感じになってきました。

 午後1時すぎぐらいに着いて、鰤タンに挨拶してからGCBをやり、1枚目のレアはサービススタンプ狙いのパックからサクッと出てきました。

 ここは、未開封のパックを最大5枚まで提示すると最大3個までサービススタンプを押してくれるサービスがあるのですが、その5枚からレアが出てくる確率が妙に高いです。

 しかし、2枚目のレアがなかなかを引かず、鰤タンに「つらいよ~」と泣き言を言ってたら、シャア専ゲル(背シル)を引いて何とかオチが着きました。

 なので、そこからは閉店近くまでQMAでしたが、鰤タンの雑学タイピングの腕前はピカイチ(死語?)で、雑タイ100点を披露してもらいました。

 なお、ゆるタンは朝方来てたらしいですが、その後は仕事らしく遭遇しませんでした。

 その後、道がすいていたので、一般道で白河まで帰ろうとしたら、那須辺りで「ア イ マ ス」とか書かれた看板のあるゲーセンを見つけました。

 しかも、まだ開いていたため、ふらふら~と中に入り、そのまま朝4時すぎまでアイマス三昧でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うたわれちゃうもの

 WEB上の配信情報を転記しました。(深い意味はないですよ、たぶん。)

DAM(配信機種未定)(6月13日配信)
2907-80/真・うたわれるもののテーマ/小山剛志/[RADIO]うたわれるものらじお OP

HyperJoyV2(6月下旬~7月位(推定))
163794/真・うたわれるもののテーマ/小山剛志/[RADIO]うたわれるものらじお OP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤテのごとく!…のごとく

 週間少年サンデー(今週号)の漫画「ハヤテのごとく!」で、「ナギ(まぁ、とりあえずメインヒロイン)がマルチデッキっぽいものでリーフファイトをする」という、冗談みたいなホントの事が起きました。

 そのため、マルチリーダーで激しくドローしながら付けスラを投げるデッキで、はっぱ祭に参加しました。

 同じ事を考えてマルチで出る人がいるのではないかと思って、レベルアップやハチマキを投入し、後は「降霊術、死中に活、転機、おとぎ話、応急修理、好物、付け焼き刃、スランプ」を全部4積みしました。(ハチマキ投入は、那須対策&根コスト捻出に困らない事含む)

 攻撃力は「ドロー→付けスラ投げ」、能力アップアイテム、文月などで捻出し、防御力…はないものの超回復力で戦線の維持をする戦いをしたところ、4勝1敗で2位になりました。

(ただし、能力の方の「応援」を使えば多少なりとも防御力が上がるのに、それを使い切らなかったことが敗北の一因になったので、そこは猛省すべき所でした。)

 今回、フリーを含めた戦いで特に実感したのは文月の強さとこのデッキとの相性の良さで、倒し残した前衛のトドメやリーダー受けへの牽制などが非常に効果的でした。

 その後は毎度の事ながら八潮でGCBで、夢タンと「先週の連邦デッキ」「キャスバルinパオング&ガルマinケンプフル」「アイナinアプサラス宇宙を逝く」の各デッキで対戦し、非常に白熱した戦いになりました。

 夢タンはもう初心者ではなく、熟練者の仲間入り直前のところまで腕が上がっていたので、先が楽しみです。

 それが一段落着いた後はQMAの店内対戦でしたが、アニゲが思ったほど刺さらず苦戦したので、次回に備えてアニゲ系の星を増やしておこうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シナジー探し

 しめじ探し…ではなく、シナジー(相乗効果)探しです。

 GCBはリーフファイト等のTCGと違い、「目的のカードがドローできるか否か」といった不確定要素がなく、どのカードも必ず効果を発揮するので、投入したカードの強さやカード同士の相乗効果がそのままデッキの強さ(の大半)になっていると思います。

(後は、各状況への対応力、作戦性、相手との相性やそれを意識したメタゲーム辺りが「強さ」の要素でしょうか。)

 なお、カードの強さは使ったり情報を仕入れたりすればおおよそ分かるのですが、シナジーの方はなかなか気づかない事が多いので、それを探していくのがデッキ強化のカギであり、またデッキ構築の楽しみだと思います。

 しかし、現在ではキシブラやバリケード、孤軍などの一部のカードが飛び抜けて強く、その効果をより確実に発揮させられるデッキが強いのが実情なので、次回のバージョンアップでそれらの弱体化等による調整がされて、いろいろなカードが使える状況になれば、シナジー探しがより面白くなると思っています。

 でも、バンダイだしなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通り名について

 当初、「倒した相手の通り名が手に入る場合がある」との噂がありましたが、今のところそうなった事は(おそらく)なく、戦功または階級が上がった時か特殊作戦をクリアした時だけ新たな通り名が手に入っていました。

 そのため、未だに限られた通り名しか持っていないので、連邦の方をどの様な名前にすれば良いか迷っています。

 一方、ジオンの方は名前(ル・バラバ・ドム)の元ネタのキャラが「誇り高き勇将」とか「緋色の獅子」とか呼ばれていたのでその前者を通り名にしましたが、後者の方がそのキャラ独特の呼び名なのでこっちにしたいと思っています。

 しかし、通り名取得条件が上記のとおりであれば、「獅子」の名を入手する可能性は0かもしれないので、どうにかならないかと思っています。

(次回のバージョンアップで何とかなれば…)

 なお、2chでその「誇り高き勇将」に別の意味で反応する人がいたのはワラタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皐月祭り

 「兄弟」とか言うと英二が出せる様になった理奈で参加しました。

 途中でヲイデゲ様に圧敗したものの、感性系デッキはやっぱり手に馴染む様で、いい感じで3勝1敗になったのですが、最終戦で悲劇(っていうか喜劇)が起きました。

 なんと、「兄弟→チョンボ、バージョンアップ→チョンボ、兄弟→チョンボとかいうジェットストリームアタック」を喰らって轟沈しました!

 プレイヤーパイロットがMアッシュなんだからJSAを警戒すべきだったか…(→ゲームが違います)

 その後は八潮でGCB。

 ジオンのバリケードデッキを披露して、MSや戦艦をリンクロック×5~8とかで溶かしまくったら、後日に2chで晒されました。

 (これでめでたく「通算3回目の晒され」という記録ができました。)

 ただし、店内対戦の方は不調で、4号機にロングライフルを持たせた超高火力デッキで挑みましたが、防御重視で攻撃を止められてしまいました。

 全国ではそれなりに通用したけど、さすがに羽嶋さん相手には無理なようです。

 でも、100%チャージで1000以上のダメージを与える場合があるので、使っていて楽しいです。

 最後に今日使ったデッキを以下のとおり載せておきます。

1.店内対戦&全国対戦用デッキ

サイド:連邦、クラス:准将、総コスト:1145/1200、戦場:宇宙

艦長 ブライト(Ver2) 150

1番機         450
 スレッガー(Ver2)110
 ガンダム4号機    250
 ロングライフル     60
 外部ジェネレーター   30

2番機         395
 ベルナルド・モンシア  90
 ガンダム(ジャベリン)170
 ハイパーハンマー    55
 ガンダムシールド    30
 リミッター解除     50

3番機         150
 ウッディ       110
 ボール改        40

※概要

  ベルナルドで盾を割ってから、スレッガーの射撃で汚物は消毒打ち落とすのが狙いです。

  相手がこちらの構成を知る前に、戦艦にでっかい一撃を与えておくと後の展開が非常に楽になります。

2.店内対戦用デッキ(全国に行く時は「メイに簡易メンテナンスを追加、マレットのウェポンをビーマシ(片手)&ガトフルに変更)

サイド:ジオン、クラス:少将、総コスト:1145/1250、戦場:地上

艦長 キシリア(Ver2) 150

1番機         465
 マレット       115
 BD2        220
 ビームマシンガン    60
 グフシールド      40
 アイナの懐中時計    30

2番機         205
 バーニィ(R)     70
 陸戦ザクⅡ(ドアン専) 90
 ゲルググシールド    30
 スパイクシールド    15

3番機         190
 トップ         55
 陸戦ザクⅡ(ドアン専) 90
 ゲルググシールド    30
 スパイクシールド    15

4番機         135
 メイ・カーウィン    85
 ザクタンク       50

※役割、目的、利点等

 ・艦長:相手の攻撃受け役(→メイの戦艦回復能力)、援護射撃

 ・マレット:防御での遠距離射撃による牽制、体力減による攻撃力アップ、懐中時計による体力最大減状況の実現→超高火力攻撃の実現、バリ核対応(1発目の核でダウンせず)

 ・バーニィ&トップ:バリケードを越せる中距離機動攻撃(投石)、3枚盾での相手攻撃受け役、2体のコスト計が395

 ・メイ:戦艦回復、バリケード構築(遮蔽物を越える攻撃との相性良し)

※苦手な相手
  マドロックやガンキャノン、戦艦等のバリケードを越える攻撃
  また、戦艦でバリケードを破壊して突撃する戦法

※対策
  トップ&バーニィ(盾防御)による遠距離攻撃の引きつけ
  序盤から戦艦を狙って攻撃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »