« 第69回さいたまはっぱ祭 | トップページ | さらば畑巡り »

東京公式大会

 待ちに待った東京公式大会には昨日も使った環デッキで参加しましたが、1戦目はいきなりチャンプとの対戦でした。

 前回の公式の時も当時のチャンプといきなり当たったので、そういうマッチング運に恵まれている(?)ようです。

 その前回の時は「良い勝負ができればいいな…」と思いながら戦ったところ、本当にその程度で終わってしまったのですが、その時に同じ様にチャンプと当たった人(あえて名前は伏せます)が「よし勝つぞ!」という気持ちで戦って非常に良い結果を出したのを知っていたので、今回はその様な心構えで勝負に臨みました。

 チャンプ側にはフランクや瑠璃子(FC)などのキャラが並び、早々に料理が2枚セットされたため、かなり厳しい状況となったのですが、好物で回復して凌いでいる内にティリア、フランク、澤田、チップス、ミルファが揃えることができました。

 そして、澤田によるアドバンテージが大きかったため何とか勝ちましたが、「これぞLF」と言える様なやり取りのできる中速同士の殴り合いだったので非常に楽しめました。

 そんな感じで、GCBでいうところのテンションMAXの状態で2回戦目を向かえたのですが、ウチのデッキにとって唯一の天敵である味オンチや一文無し×2をいきなり貼られて乙でした。

(まさか、ショップ屋なしの素引きでそこまで貼られるとは思いませんでした。)

 その後、3戦目は1ターン裏(だったと思います)でいきなりダウンさせられ、自分の東京公式は終わりを向かえました。

 最終的には3勝3敗でしたが、雑なプレイングをしたと感じているところがあったので、それを繰り返さないよう心がけながら名古屋公式に臨もうと思っています。

 なお、チャンピオンシップの前にβ版使用によるマッチロスがありましたが、それを自己申告した当人の勇気と決断に敬意を表します。

 また、大会終了後には3人一組のチーム戦があり、センス詠美デッキを使って「チームみらちんち」で参加しました。

 1回戦目、2回戦目とも勝ち抜き、決勝戦は同じさいたま軍団と当たり、しかも相手は仙台で耕一同士での死闘を繰り広げたよわっちさん(ルミラ使用)だったので、気合い120%で勝負に臨みました。

 まず互いにみちらんちカットをした上で、手札チェック………、あれティリアしかキャラがないんですけど?

 他はイベント(好物、挑戦状、付け×2、ガセ(だったかな?))とフィールド(クリアー)だけで、後攻だったためキャラを引くよう祈りながらドローしましたが、キャラがいないと役に立たない好物をさらに引かされました。

 「さすがみちらんちカット」とか思いながら、ハンドオーバーのためにクリアーをセットしてターンエンドをするしかありませんでした。

 次のターンは「今度こそは」と思ったものの引いたのはイベントだったので、やむなく挑戦状を破棄してターンエンド。

 この辺りでキャラ事故が完全にばれて、周囲の期待(?)を背負いながらプレイすることに…

 そして向かえた3ターン裏、「もうらめぇ」とか言いながら引いたカードは緑色だったので、「やった!」と思ったのですが、よく見ると「月島瑠璃子(FC)」でした。

 全く期待を裏切らない引き(泣)で、「ティリア切りセット瑠璃子」をしたら何が起きたかが周囲に伝わり大爆笑されました。

 2枚しかデッキに入れていない2コストキャラを両方とも引ききり、しかも他のキャラは全く引かないとかのはいったいどれぐらい凄い確率なのかと思いつつ防戦したところ、持っているイベントカードを使うとちょうど気力1だけ残る様な状況が続き、それがまた周囲の笑いを誘いまくりました。

(しかも、勝てる可能性が0でない状態ある事が、その必死なプレイングの味をさらに深めました。)

 狙った訳ではない(っていうかそんなの狙いたくない)のに、ここ一番の重要な戦いでこの有様で、みちらんちカットの恐ろしさを改めて実感しましたが、「祭り」の締めとしては大満足な内容でもありました。

|

« 第69回さいたまはっぱ祭 | トップページ | さらば畑巡り »

コメント

 みちらんち、テラツヨスw

投稿: ラピード | 2006年12月31日 (日) 09時36分

そしてここにみちらんちカットに対抗してブッキリカットをした奴がいますw

投稿: 亜於威 | 2007年1月 2日 (火) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173817/13225523

この記事へのトラックバック一覧です: 東京公式大会:

« 第69回さいたまはっぱ祭 | トップページ | さらば畑巡り »