« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

言うは易く行うは難し

 でじこ大会で池田(殺村凶子)ちんと今後の光岡デッキの話をしたので、試しに作ってみましたがどうにも決め手に欠けるデッキしか作れませんでした。

 精神強化や新蝉丸などを活かせばある程度良いものができると思っていたのですが、作ってみないと問題点は見えてこないものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相変わらずのTIクオリティだ…

 スターター16箱とブースター7ボックスのレア抜きが終わったけれど、オボロが1枚、まーりゃん先輩が2枚とかいうステキな結果に… OTL

 遭難や妖精牛はもうお腹一杯デスよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

でじこ大会

 初めてのVer7環境である「でじこ大会」に行ってきました。

 使用したデッキは諸角勇リーダーの徹マン&ネットゲームデッキで、千鶴4積みの速攻型ではなく、センサーセリオ、保科、愛佳、ウルル・フルル等も散らして入れたバランス型にしました。

 結果は2勝2敗で、フリープレイの頃から実感&指摘があったのですが、寝不足で頭が回っておらず、良いプレイングができていなかった事が主な敗因でした。

 なお、諸角勇の強さは再確認できました。

 指定キャラの攻+2(&防+2)は月島兄妹に匹敵する強さであり、しかも気力が6で能力値も低くないので、安定した戦いができるリーダーだと思います。

 また、その後はゲーセンでバーチャで同段対戦をしたり、エアホッケーで頑張ったり、由宇&詠美でラブラブダンスゲーをやったりして遊び倒しました。

 さらにその後は「ブラジル」でリアル焼き肉サプライズパーティでしたが、前回の経験を活かして抑え気味に食べたら、いい感じに食事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GCB雑感

 今日は郡山周辺の畑巡りをしましたが、特に真新しいカードは引きませんでした。

 対戦の方は順調で、効果的に再出撃ができるように、1体のコストが395以下となるか、2体の合計コストが395となるよう、デッキを組むとかなり余裕を持って戦える事を実感しました。

 それにしても、自分で使っていていうのも何だけど、やっぱり新キシリアはインチキだ。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7.0環境の始まり

 明日には新カードが届くし、大会も毎週あるので、Ver7.0を堪能しまくる予定です。

 3.0以降、新環境直後は「危険なカードに翻弄→エラッタ」のコンボが定番なので、しばらくの間は大変だと思いますが、それはそれでメタゲームが楽しめるので良いと思っています。

 当面の目標は12月24日の東京公式ですので、安定性と攻撃力を兼ね備えたデッキを作ることを課題にして、いろいろなデッキを試してみるつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全ては寒さではなくみちらんちのせい

 あれっ、「寝耳にみちらんち」というフレーズが頭の中でループする。

 何 故 だ !?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TV 乙女はお姉さまに恋してる 第1話

 「おとボク」のアニメ版な訳ですが、原作と絵が違うのに不思議と違和感がなかったです。

 ネギまの時も感じたのですが、「声が同じ」という点が大きいのかと思います。

 あと、デフォルメキャラが良い感じで使われていました。

 (こういうノリは結構好きです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TV KANON第1~3話

 TV版AIRと同じ様に高品質な作りだったため、安心して観ることができました。

 その「高品質」というのは、絵が綺麗というのが理由の一つですが、それだけではなく原作をイメージさせる様な場面や構図をうまく使っている事も理由の一つでした。

 ストーリーの方はまだ序盤なので評価する段階ではないと思っていますが、原作の雰囲気やノリをうまく出しており、「原作を分かっているスタッフが作っている」と感じられるので、少なくとも「外れ」はないと思っています。

 気になっているのは「誰のルートになるか?」で、今のところは順当にあゆルートになるのかと思っていますが、他のヒロインの話を拾いつつ名雪ルートに落ち着くのも意外性があって面白いかと思っています。

 ちなみに、視聴している作品の話の展開等に関する情報は仕入れないようにしているので、もしかしたら既に明らかになっている事をうだうだと書いているのかもしれませんが、その点はご容赦下さい。

 とにかく、原作を知っている人だけでなく、知らない人にもお勧めできる内容なので、機会があったらいかがでしょうか。(TV AIRも同じくお勧めです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TV 新・ネギま 第1話

 原作を分かっているスタッフが作っていると思えるし、前作と声優を同じにしたのは非常に評価できるので、後は話がしっかりしていればかなり面白いものになると思っています。

 原作どおりだと先の展開が分かるため、興味を惹けるプラスαの要素がないと飽きやすいので、可能であればオリジナルで頑張って欲しいと思います。

 でも、「もる~です。」の様な面白いネタはTVでも見たいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あんたが大将

 誉れ高くなき大将(軍)よ、ということでGCBの連邦側は大将になりました。

 相変わらずざっくりと戦功が削られましたが、新造艦が与えられたのが嬉しいところでした。

 が、…それは孔明の罠で、サラブレッドとかいうホワイトベースに似た汎用艦は起動重視の攻撃がろくに当たらない役立たずでした。

 また、地上艦が空を飛ぶようになったのはありがたいのですが、耐久力がビックトレーに比べると低く、落とされるのが怖くて前線に出せなくなりました。

 なお、編成の方は、ここ数ヶ月の間ずっとホワイトベース隊(アムロ+ガンダム、カイ+ガンキャ108、ハヤト+ガンキャ109、リュウ+ガンタンク、セイラ+コアブ07、ブライト艦長)を組んでいたのですが、懐に潜り込まれると厳しい事を痛感したので、ガチ勝負に対応できるよう新しい編成に組み直す予定です。

 ちなみに、ジオンの方は大佐です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんということだ!

 明日の午後に光回線の工事をするのが確定したため、FateTCG大会に行けなくなりました。

 そのため、ヤケになって中国大陸に行ったら周姫を引いたのですが、これが「悲喜こもごも」というものでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ねんがんの…

 「ねんがんのあいなをてにいれた!(r」というロマサガネタは置いといて、ついにアイナのキャラカードを引きました。

 さて、これでやっとキャスバルハーレムデッキが作れるなぁ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいたまはっぱ祭りだらよ

 耕一の気力なら多少展開が遅くても何とかごまかせると考えて、多少重めに作ったマリア・醍醐・ミッション入りデッキで大会に参加しました。

(マリアが強いのでそれを入れたデッキを作ろうと考えたところ、「サブアタッカーはコストをかけずにアタックできる方が良い」と思われる耕一リーダーのデッキになりました。)

 実際、序盤は耐えてキャラを展開し、後半で盛り返す様な展開が多かったので、ある意味狙いどおりでしたが、一つ間違えれば即ダウンといえる状況が多かったので、安定感のあるデッキとは言えませんでした。

 エキサイトで暴れられる状況を作ることもできたおかげで優勝できましたが、改善が必須なデッキだと思いました。

 その後はケンタでチキンを貪った上で、車の中でシャナや「だらよ」を見ながら八潮に移動してQMA&ボーリングでした。

 QMAはよわっちさんのおかげで上級に上がれたし、ボーリングの方も以前より投球が安定してきたという、非常に実りの多い1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のこと

 更新が滞ったので、まとめて書きます。

・FateTCG大会

  次回の大会が22日(日)に変更になったのは、はっぱ祭と重ならなくなったのがありがたいところですが、22日に光回線の工事を依頼してしまっていたので、それが早く終わらないと大会に行けないのが非常に痛いです。

・三国志対戦2

  いまだに呉オンリーで進めており、「R孫策、R周瑜、R太志慈、UC韓当、SR呉夫人」のデッキを使っていますが、これが最近はかなり手に馴染んできました。

  相手に応じた対応が取れる所が気に入っていますが、槍が一人だけのため馬に弱いのが難点ではあります。

  そのため、験を担いで馬刺を食べてから12州の攻略戦に臨んだら、不思議と槍の迎撃がサクサクと決まって13州になりました。

  特に、「関羽、曹操、張遼のALL騎馬のデッキ」と当たった時は中盤まではかなりピンチだったのですが、孫策(槍)が城門を攻略するふりをしたら相手がまとめて突っ込んできたので、1体目と触れた辺りで赤壁の大火を打ったら、相手の計算が狂って2~3体目も連続して刺さってくれたおかげで大逆転できました。

・GCB

  新カード排出が始まった頃に引いたレアは「キシリア、本名の方のシャア、ケンプファー」でした。

  しかし、その後は「グフカスタム、エルメス、アプサラスⅢ」という既に持っているレアばかりだったのでかなり凹みましたが、しばらくしてEXSAMシステム(リミッター解除版)を引けたのが嬉しいところでした。

  プレイ数に比べてレアの排出率が非常に高く、しかも使えるカードが多いので、これで文句を言ったら怒られますね。

 キシリアは少しでも自分側が不利になると援護射撃を連発するので非常に使えますが、ここまで強いと次回バージョンアップで修正がかかりそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »